たいりょく

コエンザイムQ10は生命維持に必要な成分

コエンザイムQ10は生命維持に欠かせない成分です。
なぜそのようにいわれるのでしょうか。理由を説明していきましょう。

人間の身体は数多くの細胞からできています。
身体の全ての部分は細胞が構成しているのですが、この中でエネルギーを作っているのです。
人間が生命を維持していくためには、身体を動かしたりして機能していくためのエネルギーが必要なのです。

これがないと生命が無いという状態になります。
心臓、肝臓、腎臓、すい臓、肺などの臓器を動かすためにエネルギーが必要だからです。
これらが全く動かないということは、死を意味するということです。

細胞の中にはミトコンドリアというものがありまして、
そのミトコンドリアがエネルギーのほとんどを作っていくのです。
もっというとこのエネルギーとは、ATPを作りだすことが必要なのです。
ATPがエネルギーの元なのです。

このATPを作り出すために、それを手助けするものがコエンザイムQ10なのです。
これが必要不可欠であるという理由です。

だから、コエンザイムQ10を摂取すると、とても元気になれるというのです。
老化防止、新陳代謝の活性化に役立つのです。
残念ながら、高齢になってくればくるほど、減っていくので、
それを自分自身の力だけでなんとかしようとするのは不可能です。

長生きしたいからという意味ではなく、しっかりと生きていくためには
必要なコエンザイムQ10をサプリメントなどから摂取してください。
2種類のコエンザイムQ10が細胞ひとつひとつに元気を与えてくれます。

食品からコエンザイムQ10を摂ろうと思うなら、コエンザイムQ10が多く含まれる食品は、
サバや、イワシ、ピーナッツや大根、ホウレンソウなどが挙げられます。
これらの食品が多いと言われていますが、それらをたくさん食べるよりは、
毎日数十円から数百円でサプリメントを買って飲み続けた方が経済的で吸収率も高いです。

コエンザイムQ10を必要量摂取するには、
物理的にサバやイワシを10尾~20尾分必要だと言われますので、それもまた極めて困難でしょう。
こちらにはコエンザイムと青汁の成分や摂取量等についてより詳しく掲載されているので是非ご覧ください。

Menu