たいりょく

コエンザイムQ10は加齢と共に減少する

コエンザイムQ10は身体の調子を整えてくれる元となる大変ありがたい働きをもったものです。
自分が昔よりも歳をとったなあと感じる事があると思いますが、それは、コエンザイムQ10が少なくなる
20歳代以降の人が思うことで、その違和感は間違っていないかもしれません。

コエンザイムQ10は、60兆個を超える細胞で構成されている人間の身体の
細胞のミトコンドリアの中にあると言われています。
ところが、20歳代をピークに、その後は減少していくのです。

コエンザイムQ10は抗酸化作用、老化防止、アンチエイジング、若返り効果、代謝アップ、
エネルギーをつくる、などの効果があり、身体に良い影響を与えてくれる天然のものなのです。
しかし、年齢を重ねれば重ねるほど、少なくなっていくというなんとも悲しいものです。

この年を重ねるということが、つまり、身体の機能が衰えるということで、
臓器などの働きが悪くなるということでしょう。
コエンザイムQ10が作られなくなっていくことで、このように身体に不具合が出てくるのです。

コエンザイムQ10を摂取する効果としては、代謝・免疫力・集中力の向上、
冷え性改善、アンチエイジングなどです。
年齢とともに減少するコエンザイムQ10をそのままにしておくのは良くないので、
サプリメントからこれを摂取してはどうでしょうか。
実は、コエンザイムQ10の産みの親はなんと日本のある企業だそうです。

コエンザイムQ10が多く含まれている食品を摂ることができればよいのですが、
必要量に達すためにはかなりの量が必要になります。
そのため吸収率が高く、飲みやすいサプリメントがおすすめです。

Menu